JFおおいたについてABOUT US

組合長あいさつGREETING

豊の国・大分の海の恵みを
~ようこそ大分県漁業協同組合のホームページ~

大分県漁業協同組合 組合長山本 勇

 大分県は、総延長772Km(全国14位)に及ぶ長い海岸線と変化に富んだ海域特性を有します。広大な干潟域の豊前海、外洋水と内洋水が混合する豊後灘、深い湾を形成する別府湾、リアス式海岸で天然の瀬や礁に恵まれた豊後水道など豊かな漁場において多種多様な漁業が営まれております。

 主な漁業として、県北域では、広大な干潟域でのアサリを中心とした採貝漁業や、車エビ、タチウオ、アジ、サバなどを対象とした漁船漁業などが行われています。また、県南域では、リアス式海岸特有の地形を利用したブリ、マダイなどの魚類養殖業、陸上養殖施設によるヒラメ養殖業などが盛んです。 当漁協では、この大分の新鮮でおいしい魚介類を消費者の皆様に食べていただくため、県下組合員と協力してブランド化などを積極的に推進しています。

 大分県は全国に先駆けた「一村一品」運動の発祥県であり、関あじ、関さば、城下かれい、くにさき銀たち及び別府湾ちりめんが全国的に通用するブランドとして育っております。 また、近年では、全国第2位の生産量を誇る養殖ブリと養殖ヒラメについて、大分県の特産品であるかぼすを餌料に加えて育てた「かぼすブリ」、「かぼすヒラメ」を新たなブランドとして消費者の皆様に情報発信をさせて頂いているところでございます。

 県漁協は今後も県下組合員とともに、自然に恵まれた海を守り、安全・安心なそして健康食糧としての魚介類を消費者の皆様へ提供していきたいと考えております。

このホームページでは大分県漁業協同組合及び漁業の概要をはじめ、大分の魚料理等についてもご紹介いたしておりますので、ゆっくりご覧いただきますようお願い申しあげます。